petsitter minette

緊急時の対処法(猫編)

今回は緊急時の対処法についてのお話です。
ペットちゃんが怪我や病気で様子がおかしい時、すぐに動物病院へ連れていくことが大切ですが、応急処置の知識があると安心ですね。

ワンちゃんとネコちゃんでは少し対処の仕方が違うことも。
まずはネコちゃんの人工呼吸と心臓マッサージの方法を紹介します。

【人工呼吸】
○呼吸が微弱な時
1.猫を横向けに寝かせ、口を大きく空けさせる
2.片方の手で猫の頭を押さえ、もう片方の手で舌をつまむ
3.猫の呼吸に合わせて、舌を出し入れする

○呼吸が止まっている時
1.首をまっすぐ伸ばし、口から空気がもれないように手で口をふさぐ。そのまま鼻の穴から3秒間、空気を吹き込む
2.胸がふくらみ、息が吐き出されるのを確認する
3.猫が呼吸を取り戻すまで繰り返す

☆ポイント☆
鼻の穴から空気を入れる時は、空気をしっかり入れるということを意識します。鼻に口を少し当てる程度では空気が漏れてしまうので、しっかり口で鼻の穴を覆うようにして息を吹き込みましょう。


【心臓マッサージ】
1.猫を横向けで寝かせる
2.両手で左右から心臓を挟むようにして圧迫する
3.2秒に1回のペースで5回圧迫したら、人工呼吸を行う
4.呼吸が戻るまで3を繰り返す


どうでしょうか?人間とはやり方が全然違いますね。万が一に備え、このような知識があると安心です。犬編はまた別記事にて☆

新着情報

備えていますか?

トレーニング♪⑥

トレーニング♪⑤