petsitter minette

緊急時の対処法(犬編)

前回はネコちゃんの人工呼吸法、心臓マッサージについてお話をしました。
今回はワンちゃんの人工呼吸、心臓マッサージについてご紹介します。


【人工呼吸】
1.犬を横向きに寝かせ、首をまっすぐに伸ばす

2.犬の口から空気が漏れないように固定し、鼻の穴に人間の口を当てて息を吹き込む

3.犬の胸がしっかりふくらむのを確認する。
(胸がふくらまない時は、肺に息がおくられていないので、気道が何かで塞がれているか圧迫されていると考えられる)

4.空気抵抗を感じたら、口を離す

5.犬が自力で呼吸できるまで、これを3~5秒に1回のペースで繰り返す。

☆ポイント☆
鼻の穴から空気を入れる時は、空気をしっかり入れるということを意識します。鼻に口を少し当てる程度では空気が漏れてしまうので、しっかり口で鼻の穴を覆うようにして息を吹き込みましょう。


【心臓マッサージ】
1.犬の左側が上になるように寝かせる

2.利き手ではない方の手を床と右胸の間に入れて、手のひらで胸を固定する

3.左胸の上にもう一方の手をのせ、手のひら全体に力を込めて真下に押す。左右の手で上下から胸を圧迫するイメージで行う。

4.1秒に1回のペースを繰り返す

5.マッサージを5回したら、人工呼吸を1回する

6.これを脈拍が戻るまで繰り返す


人間用のAEDは、基本的に毛の多い動物に使うことはできません(><)
呼吸していない場合、心臓マッサージと人工呼吸をすることが最善の対処法となります。

もしも万が一の時に備え、知っていると安心ですね( ¨̮ )

新着情報

猫の日

トレーニング♪③